スポンサーサイト

  • 2020.05.12 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    断乳成功物語

    • 2013.03.15 Friday
    • 23:57
    本日断乳5日目です。
    断乳するまで、かなり悩んだり、ネットで成功例を検索したので、
    これから断乳を考えるお母さんの力になれたらと、
    私の成功例を書いておこうと思います。

    さて、
    娘は現在1才6ヶ月。
    お姉ちゃんも1才5ヶ月で断乳したので、そろそろやめたいなーと思ってました。
    でも、お姉ちゃんの時、3日間泣きっぱなしでそれこそ私の方が参ってしまうくらいとても大変だったので、なかなかやめる決心がつかないでいました。
    とことん飲ませても良いかなと思った時期もありましたが、
    最近では片方ちょっと飲んで、やっぱ反対が良いと意思表示までしてきて、
    更に、おっぱい飲んでいる間、反対のおっぱいを触るのが本当に嫌になってきて、
    ある日突然(それは5日前)「よし!昼間だけやめてみよう!」と思ったのでした。

    昼間思いっきり遊ばせておっぱい忘れる作戦です。
    お姉ちゃんと3人で二子玉のピアレッテ(5月に閉館らしいです。残念。)に行きました。
    幼稚園が休みの月曜日だったため、とっても空いていて、遊び放題。
    誰かと喧嘩することもなければ、泣いて胸元に来ることもなし。
    「おっぱい〜」と来たら、ランチして気をそらす。

    ピアレッテは子どもにとって絶好の遊び場だし、体も使うし、
    我ながらグッドチョイスでした。

    その後パパと合流して、ガーデンアイランド寄って
    チャリンコで自宅へ戻りました。
    とにかく、胸元抱っこNGなので、チャリンコ使えます。車NGです。

    昼間だけやめよう・・・と思っていたのですが、
    夜もやめてみようかな。
    となり、
    パパとお風呂に入ってもらい、
    子どもを寝かせる時間とか関係なしに、テレビ見たり、遊ぶ相手をしました。
    でも、眠たい中おっぱいが飲めず「ままー」と1時間半も泣かれ、こちらもウルッと来ましたが、断乳は始めたら鬼となって最後までやり通す!というのが鉄則。
    しまいには、チョコ食べて永遠かと思う抱っこの末寝つきました。

    そして3時間後に再びギャン泣き。
    さすがに私も眠いし、おっぱい張って痛いのでやや半ギレ。
    「もう抱っこ無理だから」と泣いてる我が子に説得。1時間くらい泣いてました。
    が、寝ながらトントンしてたら、いつの間にか寝てました。

    これにて1日目終了。
    今回は朝から、おっぱいに絆創膏を張って乳首を赤いマジックで塗りました。
    「ママ、おっぱい怪我しちゃって飲めないの」作戦です。
    これ、予想以上に効きました!
    お姉ちゃんの時はアンパンマンを描いたのですが、
    乳首があると眠りながら触れちゃうんですね。でお酢塗ったりしてました。
    絆創膏で隠すと平になって、「あれ?」ってなるみたいです。
    しかも、私の場合、血が出てるみたいに見えるから、若干ホラー。
    もちろん覗いてくるので、「おっぱい痛いから(嘘じゃないしね)よしよししてね。」と言ったら閉まってよしよししてくれました。

    2日目もフルで昼間遊ばせます。
    ぐずったら抱っこ紐でおんぶ。
    常に飲み物を用意している。
    お腹いっぱいにさせる。
    要望をいっぱい聞く。

    という感じで過ごし、
    夜11時ごろ、お姉ちゃんを先に寝かせてくるからと言って
    パパに抱っこしてもらっていたら、なんと寝てしまったのです。
    今までパパが寝かしつけたことなどないのに!

    夜中3時頃泣きましたが、各日に初日より短時間で再び寝つきました。

    今回の断乳はパパ大活躍です。
    お姉ちゃんの時は全く手伝ってもらわなかったので
    むしろ「可哀想だからおっぱい飲ませろ!」とこちらの気も知らず言われ
    苛立ちマックスだったことを考えると、パパも成長しましたね。
    2人目ともなるとパパの協力ホント必要です。

    3日目。
    昼間は求めて来なくなりました。

    4日目の夜。
    感動が起こりました。
    夜8時頃、寝室でお姉ちゃんご指定の絵本を読んでいると、
    それまで自由に遊んでいたおサユが布団に入ってきて一緒に絵本を見出しました。
    私がウトウトしだしたら、お姉ちゃんが「もうここまででいいよ」と言ってくれて、
    反対の隣を見ると、おサユが寝ているではありませんか!!
    びっくりして、私の眠気吹っ飛びました。
    この日はお風呂一緒に入っても大丈夫でした。

    5日目。
    もはやおっぱいのこと忘れてしまったようです。
    ご飯も前よりちゃんと食べるし、試練をひとつ乗り越えて脱皮した感じです。
    こどもの成長が目に見えて感動しました。

    後は、自分のおっぱいケアのみ。
    私はやめる直前まで頻繁に飲ませていた方なので、かなり張って痛く、
    自分で圧抜き(1日1〜2回。おちょこ一杯程度おっぱいを出す)しました。
    突然断乳を始めてしまったので、おっぱいケアの産院の予約がすぐには取れず、
    一週間後になってしまいました。
    それまでは、乳腺炎にならないよう、高カロリー&油&糖質には注意して頑張ります。
    あと、おっぱいが熱を持って貼る時は、冷たいタオルを当てるとか冷えピタ貼るのが良いです。

    これから断乳しようとしている方、頑張ってください。
    母も子も辛いですが、その先に必ずこどもの成長が見られますよ!


    凧揚げ!

    • 2013.01.15 Tuesday
    • 23:57

    駒沢公園の中央広場で凧揚げしました!
    ちょー気持いい!

    大雪の翌日だったため、
    凧揚してるの私達だけでした。
    というか、
    ほとんど誰もいませんでした(笑)。

    コハちは凧揚げにかなり感動してました。



    皆様
    遅くなりましたが、
    明けましたおめでとうございます。

    今年もどれだけ更新できるのやら。
    今年もどうぞゆるりとお付き合い下さいませ。










    松井和さんの講演会

    • 2012.11.22 Thursday
    • 22:03
    今日は幼稚園で「松井和さんの講演会」がありました。
    “子育て”についてとても面白く共感したお話でした。

    その中で紹介された小野省子さんの詩に
    深く心を打たれたので紹介したいと思います。

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

    「愛しつづけていること」

    いつかあなたも
    母親に言えないことを
    考えたり、したりするでしょう
    その時は思い出して下さい
    あなたの母親も
    子供に言えないことを
    ずいぶんしました

    作ったばかりの離乳食をひっくり返されて
    何もわからないあなたの細い腕を
    思わず叩いたこともありました
    あなたは驚いた目で私を見つめ
    小さな手を
    不安そうにもぞもぞさせていました

    夜中、泣きやまないあなたを
    布団の上にほったらかして
    ため息をつきながら
    ながめていたこともありました
    あなたはぬくもりを求め
    いつまでも涙を流していました

    私は母親として 自分をはずかしいと思いました
    だけど、苦しみにつぶされることはなかった
    それは、小さなあなたが
    私を愛し続けてくれたからです

    だからもしいつか
    あなたが母親に言えないことを
    考えたり、したりして
    つらい思いをすることがあったら
    思い出して下さい
    あなたに愛され続けて救われた私が
    いつまでもあなたを 愛し続けていることを

    ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

    まるで自分の事のように感じた詩でした。
    うまく言えないけれど、
    こどもはその全てで母親を愛して信頼していて、
    でも、母親は自分の都合や感情で当たってしまうこともある。
    そんな時は必ず自己嫌悪に陥って、
    結局こどもに「ごめんね」を言わせてしまっている。
    お姉ちゃんは特にそう。
    妹ができて、急に“お姉ちゃん”にならなきゃいけなくて
    良いお姉ちゃんだと思われたくて、良いお姉ちゃんをしている。
    そんな姿が愛おしく切ない。
    だから、
    「ぎゅっとして欲しい時はいつでも言っていいんだよ。
    ママもぎゅってしたい時は言うからね。」
    と言っている。
    ちょっとだけ”の絵本のように。
    でも、この我慢や悲しみが彼女にとって強さや優しさになればいい。

    松井和さんが言っていた。
    0〜1歳のこどもは神様だって。
    自分では何もできない、しゃべれない。
    この時がすっごく大事だって。
    こどもがじゃない、“親が育つ時間”なんだって。

    だから、
    今の時間をもっと大切に紡いでいきたいと思います。

    夏休み!どばーっといきます

    • 2012.08.16 Thursday
    • 23:32

    今年の夏休みの様子まとめて紹介したいと思います。


    今年は従兄弟・かんちが仲間入りした夏休みになりました。
    コハちはかんちが大好き。
    おサユさんでお姉ちゃんを経験しているせいか、
    すっかりお姉ちゃんが板についてきています。
    朝起きると、隣の部屋のかんちの横に寝に行ってました。



    三島に帰ると必ず遊びに行くけんじくんのお家。
    今回も漏れなく伺ってます。


    けんじくんがみつろう粘土で作った昆虫。
    よくできてる!


    コハちは大好きなけんじくんの影響で、初めてセミがつかめました。
    愛の力ってスゴイ(笑)
    おサユさんはセミの羽をもいじゃうので、よく見ていないと危険です。


    こちらは
    御殿場の樹空の森で開かれたスマイルプリキュアショー。
    旦那サマと4人で行きました。
    アンパンマンのショーは見たことあるけれど、プリキュアは初めて。


    初めは全身タイツに違和感だけど、
    最後の方は、プリキュアがアイドルに見えるから不思議。。。


    三島大社のお祭り前日。
    多忙な双子の妹が帰省してきました。
    双子の妹と3番目の妹と一緒に“桃沢少年自然の家”へ。
    ココは、私達姉妹の大好きな場所。
    子供の頃とアスレチックは変わってしまったけれど、
    今のもなかなか楽しめます。


    沢遊びやキャンプもできる穴場です。


    8月メンバーのお誕生日ケーキ。


    妹の彼がかんちのバースデープレゼントとして作ってくれた特製フルーツタワー。
    さすがフレンチシェフ!
    これお店で出したら2万くらいするらしいよ!


    こちらは毎年恒例の三島のお祭り。
    おサユさんにとってはお初です。


    三島大社の天筒花火の様子。


    家族が増えるって幸せなことだな。ってしみじみ思います。
    楽しい夏休みが過ごせました。みんなありがとう。

    かんち生まれる!

    • 2012.08.05 Sunday
    • 23:21
     

    4番目の妹が出産しました!

    予定日より結構遅れていたので、
    家族みんな心配していたけれど、お産自体は安産で、元気な男の子が生まれました。
    名前は“かんいちくん”なので愛称は“かんち”
    コハちとおサユさんにとっては、初めての従兄弟です。

    一年前は、おサユさんだってこんなんだったんだもんな。早いなー。

    Welcomeかんち!!


    ベビーカーをリサイクル!!

    • 2012.07.27 Friday
    • 11:20
    今年の夏も暑いです。
    ホント溶けそう。

    前から、「ママチャリのリヤシートに屋根を付けたいなー。」と思っていたところ、
    なんと道端でベビーカーの屋根を取り付けている人を発見!
    真似してみました。

    ベビーカーの屋根が取り外せるタイプしか応用できませんが、
    うちのブライタックスベルベはまさにそのタイプ。
    前バーも取り外せるので、
    チャリには前バーをマジックテープで止めるだけ。
    着脱も簡単です。

    コハちは少しお姫様気分で乗ってます。





    二子玉ピクニック

    • 2012.06.08 Friday
    • 23:07

    東京とは思えないこの景色!
    二子玉川の河川敷でお弁当持ってピクニックへ行って来ました。


    お弁当は妹の彼(シェフ)が作ってきてくれました。
    フレンチのシェフだけにめっちゃんこ美味しかったです!
    このタコとパプリカのマリネがホント素晴らしき出来でございました。
    ごちたまぱっちん!


    4番目の妹。
    ただいま妊娠8ヶ月。うちにお泊りにきているところ。
    お腹の赤ちゃんも“気持ちいい”を感じているかな?


    コハちとおサユさん。

    なんか本当にコハちがいいお姉さんなんだよな。
    色々寂しい思いとかさせてると思うけど、
    頑張っているんだよね。
    ふたりともいいお顔してる。

    とっても楽しい一日だったね。



    2年目のお味噌

    • 2012.03.17 Saturday
    • 20:18

    今年もお味噌の仕込み時期がやって来ました!
    お味噌は昔から“寒仕込み”と言って、
    雑菌の繁殖がしにくい1月2月に仕込んで季節を超えて食べるのが美味しいらしいです。

    今年も去年一緒に作ったSちゃんと一緒に作業します。
    去年の様子はこちら

    今年は、北九州市の“福田新作商店”さんから大豆と塩麹をお取り寄せ。

    お味噌作りが難しいと思っているあなた。
    私もそう思ってたけれど、実はそんなに難しくないのです。

    ざっくりレシピを言うとこんな感じ。
    ①前日に大豆の3倍くらいの水に大豆を漬けておきます。
    ②大豆を煮ます。圧力鍋で煮ると簡単にふっくら炊けます。
    ③炊けた大豆を熱いうちに潰して、少し冷まして、味噌種と塩麹と混ぜるだけ。
    ④できたら涼しいところに放置。

    手前味噌は、自分が作ったというだけで美味しく感じられますよ。
    「やりたい」と思ったら是非始めてみてくださいね。

    仲良く

    • 2012.03.16 Friday
    • 09:49
    お風邪を引いています。


    というか、
    コハちのお風邪が移ってしまう可哀想なおサユさん。
    まあ、下の子の運命ですね。

    おサユさんは、生後2ヶ月でお姉ちゃんからRSウイルスを移されてました。

    2月末に一家全滅の勢いでインフルエンザB型にかかった時には
    何故かおサユさんには移らず済んだので、本当に良かったです。

    こうして下の子はたくましくなっていくのですね。

    冬の長夜を楽しむために・・・

    • 2012.02.26 Sunday
    • 20:09
     

    IKEAで天蓋を購入しました。
    こちらは大人用のものでなんと¥990。
    100均でカラーのフェルト玉を買って、可愛らしくしてみました。

    もちろんこれを気に入ってるのはおサユさんではなくお姉ちゃま。
    しばらくおサユさんのベビーベッドで寝てました。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM